石田 望 / Nozomi Isita

   

【好きなモノ・コト】

オムライス・チーズ・抹茶・みそラーメン・アイス

休日の午前中にだらだらする・気になるお店にご飯やスイーツを食べにいく

旅行(あまり行けてないですが…)

【プロフィール】

どうも!はじめまして、イシタです。ニックネームは「のんちゃん」です。国語が苦手です。言葉足らずとよく言われます。血液型はB型、3人兄妹の末っ子で性格はのんびり屋さん。

適当と言われたりしますが変なところで細かい一面もあります。

好きな事とストレス発散方法は共通していて『食べる事!』

好みの味はさっぱりしたものより濃厚な方が好きです。アイスでいうとガリガリ君より抹茶アイス。オムライスでいうとトマトソースよりホワイトソース。ラーメンでいうと中華そばより味噌ラーメン。

そういえば気づけば小指もよく立ってます。もはや何の事を書いているのかよく分からなくなってきていますが、これは美容師イシタの自己紹介文です。よかったら引き続きご覧ください。

私の人生のテーマを一言でいうと「笑って生きる!!」です。基本の笑い方は笑い泣きです。とはいえ笑ってないてばかりいられません。落ち込んで泣いたりする時もあります。でもしばらくして、また大きな口を開けて笑えていれたらそれでいいです。

現在はスタイリストとして仕事をする毎日。そんな中、この仕事をしていて一番楽しい!!と感じる瞬間があります。それはお客様が喜んでくれた時。求めていた理想のヘアスタイルに近い感じに仕上がった時。気に入った色に染まった時。たくさん話してさっぱりした時。シャンプーが気持ち良かった時。

などなど、喜んでくれるタイミングは人それぞれですが、あの笑顔が見れた瞬間は最高に嬉しくなります。互いにハッピーになるために、なるべく問題点はクリアにしたいです。

なので髪や頭皮に関して気になるところや、扱いずらいところ、接客面に関してでも構いません。気軽に赤裸々になんでも教えてください!!と。

ここまで思えるようになるまでにも色んな葛藤がありました。

そう私を苦しめたのは理想と現実のギャップでした。。

そもそも美容師に憧れを抱き始めたのは小学生の頃。親が行ってた美容院に連れていってもらった時、シャワーの音やドライヤーの音が邪魔して声が聞こえづらい中で、それでも優しく話しかけてくれる茶髪のお姉さんとお話しするのが好きでした。

そして美容室帰りの車内のバックミラーで何度も切ってもらった自分の髪型を見てはルンルンしていたのをなんとなく覚えています。そんな気持ちにしてくれる美容師さんが当時の私からするとカッコ良くて、とてもキラキラして見えていました。

そこから本格的に美容師になりたいと思ったのは高校生の頃。私の美容師に対するキラキラしたイメージは小学生の頃よりレベルアップしてました。茶髪のお姉さんしか知らなかった私が見たのは金髪だったり、メッシュが入ったりしている都会のオシャレ美容師さんでした。

今思えば、その時私は美容師になりたいというより、この人たちみたいなオシャレな人になりたい!!と思っていた気がします。そんな理由から、なんの迷いもなく美容師の道へ進む事を決心しました。

だがしかし、いざ働き始めてみるとそんなキラキラとカッコよく見えていた美容師のイメージは一瞬で覆されていきました(笑)

まず自分は割と向いてる方だと勝手に思い込んでいた【接客】が苦痛に感じて仕方ありませんでした。本当に嫌でした。そんなところに覆いかぶさってくるかのように私を追い詰めたのは技術面での不器用さでした。

小指はあんなに立つのに、美容の技術は思うように器用にできない。

美容師として重要な部分であろう、この2つが欠落しているなんて、ただのエセ美容師です。

向いてない。辞めたいと何度も何度も思いました。だからといって転職を考えた時に他にやりたい仕事もない。とりあえずで美容師を続けていました。

そんな時に東京で勤めていた美容院を辞め、青森に帰ってきて美容院を探していた時にみつけたのがRIFFでした。

社会保険完備、定休日がある、オーナーがカット講師をしているくらいのしっかりした技術力。ブログから読み取れるスタッフの雰囲気の良さ。私が求めてるすべての条件を満たしていたRIFF。

当時、スタッフを募集している様子は全くありませんでしたが「いってしまえ!」と、駄目元で勇気を振り絞って電話してみたら『すみません、今募集してないので…』と、まあここまでは想定内の流れ(縁がなかったんだ。うん、そうゆうことにしておこう)と気持ちを切り替えようとしていた時!!

さっき断られたはずのRIFFの電話番号から着信が!!『とりあえず面接だけでも…』

っしゃー!!!(縁があったんだ。そういうことにしておこう)と、手のひらを返したかのように自分に言い聞かせてはずっとニヤケが止まりませんでした。

その後、青森に帰ってきてから面接して入店まで、なんと一週間で決まっちゃいました。

入社してからは全ての技術を一からチェック。それはもう今までにないくらい厳しいものでしたが、そのおかげでずっと不器用だと思っていて自信が持てなかった技術力も以前に比べると少しづつ自信が持てるようになっていきました。

オーナーの藤田に鍛え上げられたのはそれだけではありませんでした。

わたしが、ずっと苦手だと感じていた接客。いつも口すっぱく『喋る!とにかく自分からどんどん喋る!』と言われ続ける日々。

いやでも自分から話しかけるようにしていたら、あんなに人と話すのを苦痛に感じていたのに、いつからか自然と話せるようになっていました。

今思えばRIFFに入ってから以前のように本気で美容師を辞める事を考えるのがほとんどなくなってました。

なんでかなぁ?と考えた時に、この道でやっていく覚悟ができたからなのかなぁと思います。ここまで長かったけど、やっとスタートラインに立てている気がします。

向いてないとか辞めたいとかグダグダ言ってた時期がありましたけど本当にそう思っていたらとっくの昔に辞めてるはずです。

結果、イシタはなんだかんだ美容が好きなんです。もっともっとたくさん可愛い、カッコいい素敵なヘアスタイルを作っていきたいんです。

そして、どんな形であれ お客様に喜んでもらえる仕事をしていきたいんです。

それで、お客様も私も笑顔になれたら本望です☆

【オーナー藤田から一言】

一見、とっつきにくそうな印象を極たまに、もたれることがあるイシタですが、基本的に人に対して変な壁がなく、一旦キャラを知られると誰からも好かれるタイプでもあります。

多分、一生懸命だったり、集中してると難しい表情になってしまう傾向があるみたいかもしれませんw 最近はそういうのがなくなってきました。

実は、結構な天然キャラで突発的に変な発言をしたりします(主にボクにですが)
安心してください!お客様には変なことは言わないと思います(多分w)

ボクの愛のあるシゴキ?にも応えて、ここ最近スタリストとしてもメキメキと実力をつけてきました!

ヘアスタイルにこだわりを持って楽しく仕事してます。

P.S
榮倉奈々に似てるって言われると嬉しそうにしてます…

2017年5月
« 4月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

Twitter